ジュエリーを知らない彼の婚約指輪選び

初めての婚約指輪選び、初めてのジュエリーショップ。

どんなデザイン、どんな材質、ダイヤモンドの品質や大きさなど、わからないことは多いという人も。

宝飾品を選ぶのに慣れているという人は少ないし、一生に何度も婚約指輪を買うという人も少ないのですから、当然といえば当然です。

宝飾店は洋服を買いに行くときとは違って、指輪をどんどん手に取ってつけてみるというわけにもいきません。

まずは店員さんにたのんで、ガラスケースなどから出してもらうところからです。

6月に結婚式を行うカップルが多いと、シーズン前のジュエリーショップは週末には混雑していて、それだけでも気おくれするということも。

多くのカップルは、婚約指輪選びは二人ででかけています。

婚約指輪を購入したカップルの半数以上は一緒に買い物に出かけているので、買い物が苦手な男性も少しは気が楽でしょう。

婚約指輪の価格は、台の材質とダヤモンドの価格で大きく左右されます。

女性に最初に予算内で好きなものをある程度決めておいてもらって、当日はサイズを測ってオーダーするだけというのが、一番スマートな方法かもしれません。

もちろん、自分がブランド名やお店をある程度指定するという人もいます。

2人が良く通うお店があるなら、そういったところへオーダーするのもいいかもしれません。

女性の方は、あまりジュエリーに関心のない彼には、日頃からのアピールも大切。

婚約指輪は結婚式の1年前くらいに検討を開始し、1カ月半程度の検討期間を持つカップルが多いとか。

早めに彼をお店に連れ出し、どのようなタイプのものがいくらくらいするのか、話しをしておくのもいいでしょう。