婚約指輪のダイヤモンド

ソリティア主導の婚約指輪のトレンドに、メレの人気も加わって、ますますオシャレな婚約指輪を選びたいという女性が増えています。

大粒のダイヤ1つのソリティアも、小さいダイヤを組みあわせたタイプのメレも、セミオーダーなどで自分らしいオリジナルなタイプにこだわるのが人気です。

どちらにせよ、ダイヤモンド付きの婚約指輪ということで、ダイヤそのものの質にも関心が集まっています。

ダイヤモンドの品質を知るには4Cという尺度があります。

これはカット、カラー、カラット、クラリティの4つのCをそれぞれ評価して、相対的にダイヤモンドの品質をあらわすものです。

ダイヤには鑑定書がつくので、そこに記載されています。

【参照リンク】鑑別書について|中央宝石研究所(CGL)

よほど高額で大きなダイヤモンドを購入するのでなければ、4Cはダイヤの品質を知るための目安程度と考えます。

結局は自分がその婚約指輪のデザインが好きか、ダイヤの輝きが気に入ったかどうか、そこが購入のポイントになります。

ダイヤモンドは大きさやカットが同じでも、違うデザインの婚約指輪では見え方も違ってきます。

自分の指につけてみたときにどのように見えるのかは、つけてみないとわかりませんから、店頭ではいろいろと試着してみる時間も大切です。

一日で指のサイズも朝と夕方ではむくみなどが違うので、サイズを決める意味でも、違うデザインのものをつけてみましょう。

デザインが違うと、指へのフィット感も変わってきます。

買い物が苦手な男性を連れて長時間のショッピングが辛いなら、こうした細かな調節は女性同士の方が機転がきくことも。

購入前の下見をしておくのもいいかもしれません。