長く使える婚約指輪選び

婚約指輪は結婚指輪と比較するとゴージャスなダイヤモンドリングになっています。

婚約期間中に家族や仕事の関係でお祝いの席に出席するときには、身に着けていくと正式なお祝いの服装になります。

婚約指輪は婚約期間に身に着けるもの。

デザインも華やかだし高価なものなので、日頃使いはしにくい。

そこで買ってもらってもほとんど身に着けることもなく、仕舞い込んでいるというのはもったいない話です。

★おすすめリンク⇒改めておさらい!婚約指輪と結婚指輪の違いは? | プロポーズのリアル

婚約期間は積極的に身に着けて、あちこちでお祝いの言葉をもらって祝福してもらうのはもちろんですが、婚約指輪を結婚指輪と重ね着けできるように選んでおくと、お出かけの際に両方を身に着けられて便利です。

一生手元が華やかになるだけでなく、幸せな様子が伝わってきて、周りにいる人もハッピーになります。

また、近い将来にお子さんが生まれたら、お宮参り、七五三、お食い初め、幼稚園への入園、卒園、小学校入学、卒業といった区切りのイベントには、かならず両方を着けて出席します。

婚約指輪は贈った男性側からしてもかなりの出費です。

人生の区切りできちんと保管されている、変わらないダイヤモンドやプラチナの輝きは、男性にとっても誇らしいものになります。

婚約指輪は婚約期間が終われば、品の良い高価なジュエリーとして長く使えます。

その点を考慮してエンゲージリング選びをすると、仕舞い込んで普段使わないジュエリーにならないというポイントでもあります。

重ね着けは人気で、どのブランドやショップも、重ね着けを意識したデザイン開発をしているので、一見の価値はあります。